image
image
image

ニキビを防ぐ方法

ニキビは思春期だけでなく、大人になってからも悩ましい肌のトラブルです。ニキビは一度できてしまうとなかなか治ってくれないこともあり、大きくなるとメイクなどでは隠しきることができなくなります。また、出来る場所も非常に気になる場所であることが多く、ひどくなると外出そのものまで嫌になってしまうこともある深刻な状態を引き起こします。
ニキビの原因となるのは皮膚の表面にある毛穴の詰まりです。人間の皮膚の表面には外界からの刺激から肌を守るための皮脂が薄く膜をつくっています。このとき分泌される皮脂の量が過剰になってしまったり、毎日の洗顔で洗い残しがあったりすると、同じく皮膚の表面にある毛穴を塞いでしまい、そこに雑菌などが入り込んでニキビを作り出します。ニキビ予防で最も大切なのは、この皮脂の量をコントロールすることと、毎日の洗顔で洗い残しをないようにするということです。
ニキビができない体質を作るためには、体内のホルモンバランスを維持する必要があります。ホルモンのバランスが崩れると、体表面に分泌される皮脂の分量が増えてしまうからです。皮脂が増えるもととなるのは、睡眠不足やストレス過多の生活習慣や、食生活の乱れです。
皮脂の過剰分泌には、また男性ホルモンが関連しています。男性ホルモンが皮脂腺の発達や皮脂の合成に大きな役割をしているためです。男性ホルモンの分泌と同じ働きは、女性における排卵後の黄体ホルモンの分泌にも起こります。